俺の俺による俺のための
勝手に北海道・宿情報

※YH=ユースホステル YGH=ユースゲストハウス

礼文島
星観荘
スコトン岬の少し手前、海を望む原野に建つ一軒宿。男女別相部屋。きれいで、メシが美味くて、安くて、ロケーションがよくて、退屈しないので、いつでも混んでいる。港から遠く自由に移動できないことと風呂が狭いことが難点といえば難点。

桃岩荘YH
こちら

利尻島
利尻グリーンヒルYH
鴛泊港から歩いて20分くらい。隣に小さい山があって夕陽が見られる。利尻富士は玄関前から見える。ヘルパーが居る時期だけミーティングとお見送りがある。@利尻富士登頂A利尻島一周完歩Bシーズン中4泊、をすべて達成すると「鉄人」に認定される。利尻島一周完歩はかなり単調で歩きながら何度かキレた。今となってはいい思い出だけど。

稚内
稚内モシリパYH
稚内駅から稚内公園方面へ10分くらい歩いたところにある。利尻や礼文へ行く(もしくは帰ってきた)人がよく泊まっている。

浜頓別
トシカの宿
学生運動をやってました風のオバちゃんがやっている。ジンギスカンを食べた記憶しかない。

網走
網走流氷の丘YH
流氷が来ていれば見られるであろう丘の上に建っている。バス停からでも歩くのでクルマやバイクで移動しているのでなければ不便。条件付で駅までの送迎をしていたはず。建物はきれいだった。

網走原生花園YH
濤佛湖のすぐそばにある。内部は昔のユースの雰囲気そのまま。

知床
岩尾別YH
知床自然センターよりもまだ先、ものすごいアップダウンを繰り返した谷間に飯場のように建っている。夜だときっと気づかない。電気が来ていないので自家発電、新聞の宅配がない、といった具合の秘境。ヘルパーがネタにしているヒグマは見たことがないがエゾシカやキタキツネはそこらへんに普通に居る。建物は古い。

弟子屈
摩周湖YH
摩周湖に一番近い宿。ただし歩いていける距離と道ではない。内部は昔ながらのユースな感じ。メシは併設のレストランで食べる。観光案内のミーティング有。

屈斜路原野YGH
屈斜路湖からクルマで5分くらいのところにある。まだ新しくてきれい。オーナーが元板前でメシがすごく美味い。ミーティングでオーナーがギターを弾きながら2〜3曲歌う。

根室
民宿ノサップ
日本最東端の宿。納沙布岬のすぐそばにある。7月なのに部屋には電気ストーブが置いてあった。実際、寒かったので使った。

釧路湿原
釧路湿原とうろYH
塘路駅前にある。相部屋であることを除けばペンションそのもの。食堂の窓から釧路湿原が見える。早朝カヌーツアーに参加すれば朝の釧路湿原をひとりじめできる。

釧路
星のまきばYH
釧路市の住宅地の中にあった。サイロ型の建物が名前の由来なんだと思う。禁酒・禁煙・サービス業とは思えない態度のオヤジ等々で否定的な意見もあった。オヤジが高齢になったことを理由に数年前にやめた模様。

駅前ホテルアダチ
釧路駅前の普通のビジネスホテル。特記事項なし。

襟裳岬
えりも岬YH
襟裳岬のすぐそばにある昔ながらのユース。かつては桃岩荘・岩尾別と並んで3バカユースホステルと呼ばれていたらしい。名残のように、70年代の若者たちが草原で笑っている大きな集合写真が飾ってあった。「民宿になりました」というハガキが送られてきたから今でも宿はやっているのだろう。

札幌
札幌国際YH
地下鉄学園前駅からすぐ。研修センター(新しくてきれいなやつ)を想像してもらえればよい。基本相部屋だが追加料金を払えば個室に泊まれる。デカい風呂へ入れるのがうれしい。

東横イン札幌駅北口
全国主要駅の駅前に増殖中の東横イン。札幌には5軒ある。札幌駅北口から徒歩5分。防音がいい加減なことを除けば文句ナシ。流行るわけだ。部屋のつくりが福井の東横インと全く同じだったのには笑った。

小樽
YH小樽天狗山
天狗山スキー場にある山小屋風のユース。改築して名前も変わった模様。

ニセコ
駅の宿ひらふ
JR函館本線比羅夫駅の駅舎が宿。本線といっても各駅停車と快速が1時間に上下各1本あるかないかの超ローカル線。夏はホームでジンギスカンをやる。風呂はホームにある。ドアを開け放って雪のホームを眺めながら入浴した。

羽幌
カフェ&宿 吉里吉里
宿泊すると1人ずつ写真を撮って自分のコメントと共にファイリングされる。イヤなら断れるとは思う。オーナーがバイク好きなためライダーのファイルは「ライダーズ名鑑」として別に扱われている。建物はそこそこ新しくてきれいだったはず。

天売島
児玉民宿
違う民宿の予約をぶっちぎられ、観光案内所へ文句を言って紹介してもらった民宿。他の宿がすべて満室なのに俺しか客がいなかった。普通に古い民宿だったけど悪いところではなかった。今も営業しているのだろうか。

美瑛
美馬牛リバティYH
美馬牛駅前にあるペンション風ユース。ほとんど記憶がない。晩メシにワインが出た気がする。

出会いの郷とぅもろう
美馬牛駅から徒歩5分の場所にあるペンション。集落のいちばん端なので、窓の外にはひたすら畑が広がっている。オーナー夫婦の人柄が良かった。メシが、今まで泊まった宿の中でも一番を取れるくらいに美味かった。

旭岳温泉
ホテルディアバレー
旭岳温泉の入口にあるホテル。一泊二食・旭岳ロープウェイ往復券つきのプランをネットで予約して一万六千円だった。定価はもっと高い。それでも他のホテルに比べれば安い。露天風呂がないが(温泉の内風呂はある)クルマで数分のところにある系列ホテルの露天風呂に入れる。部屋は綺麗でメシも美味かった。

トマム
ザ・ヴィレッジアルファ
ツインタワーで有名なアルファリゾート・トマムにあるコンドミニアム。勤務先の会社が保養所として契約しているおかげで1泊2000円で泊まれた。運営会社が変わったり倒産したりの紆余曲折を経ているせいか、遠目の外観は綺麗で造りも豪華でも中へ入ると施設の老朽化が目立っていた。2000円だし、まあいいか、と思って泊まった。ゲレンデに面したリゾートなので基本的に冬に行くところではないかと思う。夏でも宿泊客は多かったけれど。

富良野
アルペン山荘フェニックス
富良野スキー場北の峰ゲレンデ前の民宿。年末年始でも一泊二食付¥7,000で泊まれた。築40年で、館内のあらゆる場所が20世紀テイスト。和室は学生時代にスキーツアーで泊まった民宿を思い出させる雰囲気だった。宿のおばちゃんが親切。

ペンションあしたや
富良野市街を遠くに臨む丘に建っているペンション。内装や家具に高そうな木材が使われていて、地元の食材を使った美味いコース料理を出して、宿泊料金が高くなく(1泊2食付¥8,500)、富良野市内の大体の場所には送迎してもらえる、といった具合に快適に過ごせる。ジミーさん、いろいろとありがとうございました。

 

はじめにもどる

 

inserted by FC2 system